女性は骨粗鬆症になりやすい

女性が骨粗鬆症になりやすいのは女性ホルモンと大きく関係している

骨は歯と同じ材質である降下したエナメル質と中身が固いが柔軟性のある繊維と粘着性の髄液でできている物であり、固い表面が衝撃の半分を吸収し残りの半分を柔軟性のある繊維や髄液が守ることで折れることを防いでいます。

 

骨粗鬆症は外は丈夫に見えても中身の繊維が薄くなってしまっている状態であり、この状態になると外側の衝撃は吸収できても中身の衝撃をすべて吸収しきれなくなるので簡単に折れてしまいます。

 

骨粗鬆症の問題は折れた後に修復されても中身まで修復されないので再び骨折しやすいだけでなく、もろくなった骨の一部が脊髄に近い場所の場合折れた骨が骨髄や周辺の神経を切ってしまう事で不随を起こすリスクがあるのです。

 

その骨粗鬆症は特に女性に多いとされているのですが、その理由は女性ホルモンに関係しています。

 

女性ホルモンは全身の細胞に作用して活動を促進する男性ホルモンの活動を調節する役割を持つことによって、骨のサイクルである古くなった骨を壊して再生するという流れを遅くすることでカルシウムを溶け出させないようにします。

 

骨粗鬆症の一般的な原因は遺伝や年齢や閉経や病気そして卵巣手術などによってホルモンバランスの乱れによって起きます。しかし近年ではそれ以外にも若い女性にも増えている背景には、運動不足だったり絶食ダイエットなど体の状態に合わないダイエットを行うことで負荷がたまり骨が形成されにくいことも理由として挙げられます。

 

骨粗鬆症は医療機関で受診しなくては骨の密度を調べることができないため進行していることが気づかないまま骨を折って初めて症状が多いです。そのため骨粗鬆症は女性に多い症例ではありますが男性でも発症リスクはあるので、骨粗鬆症が進行しすぎないためにもホルモンバランスが乱れるような食事や生活を繰り返さずに適度な運動と日光浴そして睡眠を心がける必要があります。

 

さらに女性の場合はホルモンバランスが崩れることで起きるので、その助けとなるイソフラボンを摂取したり漢方薬で調節することも効果を発揮します。