自分の女性ホルモン数値を知る方法

産婦人科などで検査しましょう

自分の女性ホルモン数値を知る方法

 

更年期障害などの不調が起こる場合、女性ホルモンの数値が低いのかもしれません。

 

検査してみてください。検査方法ですが、採血して血液を調べるだけです。とても簡単です。内分泌系の科がある大学病院・クリニックや産婦人科がある病院などで受けられます。検査費用は5000円程度ですが、初診料なども別途必要となるため余裕を持って準備していってください。

 

調べることで、エストロゲン・卵胞刺激ホルモン・プロラクチンの数値が分かります。

 

エストロゲンは女性ホルモンの中でも最も女性の身体に深く関わる成分です。数値を調べることで卵巣機能の状態や更年期・閉経の可能性など分かります。妊娠中に調べて低い値となっていた場合には、切迫流産などの可能性も考えられます。

 

卵胞刺激ホルモン検査では、性腺機能・脳下垂体の状態を調べることができます。低ければ月経異常が起きている可能性が発見できますし、不妊症についても見つけることができます。更年期の方は高くなっています。

 

プロラクチンは妊娠して出産・授乳期が終わるまでの時期に高くなる女性ホルモンです。母乳を出すのに関係するホルモンなのです。生理不順や不妊といった症状について調べることができます。妊娠していないにも関わらずこの女性ホルモンの量が多ければ高プロラクチン血しょうになっているかもしれません。

 

女性の身体は女性ホルモンによって守られ、左右されます。そのため、ホルモンバランスが崩れる更年期や妊娠などの時期にさまざまなトラブルが起こるのです。

 

原因が分からない不調が続くとき、更年期や生理不順といった女性ホルモンに関する悩みがあるときはぜひ検査を受けてみてください。その上で、数値が低くなっていればさまざまな対処法を実践してみるようにしましょう。

 

食事療法やサプリメントを取り入れる・習慣を変えるなどちょっとした生活の中での工夫により、数値は変わっていくものです。それにより、不調も解消されるでしょう。