亜鉛を摂ると何が良いのか

亜鉛の必要性について

亜鉛は我々人間の体に必要な物質で、100種類を超える酵素の活性に関わりを持ち、主に酵素の構造形成および維持に必要となります。

 

亜鉛は細胞分裂を活発化し、新陳代謝を高め、免疫機能を向上させます。
亜鉛を摂ることで様々な効能を得ます。

 

人間の身体にできるサビと言われる原因に細胞の酸化があります。

 

細胞の酸化は癌などの重大な病気のきっかけになるとも考えられており、SODという抗酸化酵素の材料となるのが亜鉛です。

 

細胞分裂に寄与することから妊娠中の妊婦に必要な物質と考えられています。

 

糖の代謝に必要なインスリンを作るのに必要であると考えられています。

 

男性の場合、亜鉛を摂ることで精子を形成し増加させ、性欲増進の効果があると考えられています。

 

女性の効果として期待できるのが、肌のハリや潤い、月経周期の安定や卵子の形成を進め妊娠しやすい身体を保ちます。

 

近年、便秘解消にも効果があると言われており、酵素への働きかけが摂取された食物の消化を促し、腸内環境の活性化を図ることで代謝が良くなると考えられています。

 

亜鉛は主に魚介類に多く含まれ、とくに牡蠣に豊富に含まれます。

 

肉類や大豆、穀物、卵にも含まれ、食物摂取からこの栄養素を摂ることが好ましいと考えられていますが、不足する栄養素を補うためにサプリメントを摂取することも良いでしょう。

 

サプリメント摂取で注意したいのは過剰摂取です。

 

胃腸障害や中毒症状が見られるケースもあるので、用量を守って摂取しなければいけません。