女性らしさをアップさせるアロマオイルの選び方

女性らしさをアップさせるアロマオイルの選び方とは

 

アロマオイルの中には、女性ホルモンのバランスを整えるために必要な自律神経の乱れの原因となるストレスを解消する手助けをしてくれるものがあります。女性らしさをアップさせるための女性ホルモンは、ピークが20代後半から30歳と言われており、それ以降は、少しずつ低下していきます。

 

アロマオイルは、植物から抽出された香りです。香りを嗅ぐことによるアプローチの仕方以外にもマッサージやアロマバスなどの皮膚からの経皮吸収によるアプローチなどもあります。

 

女性らしさをアップさせるためのアロマオイルの選び方としては、ネロリやサンダルウッド、イランイランなどが適しています。

 

ネロリには、主要成分であるネロリドールに女性ホルモンに似た作用があるとされ、月経前症候群に対しても効果が期待できるとされています。脳内の幸せホルモンであるセロトニンの分泌を促してくれる働きも期待できるため、イライラするときやストレスが多い時、憂鬱な気分の時などに嗅ぐと安心感をもたらしてくれます。

 

イランイランもホルモンの分泌を調整してくれるため、リラックス効果が期待できるアロマオイルです。肌の状態を整えることでも有名なため、お風呂に入れて楽しむ使い方が効果的です。

 

ただし、香りが強いため、全身浴で使用する場合でも3滴を上限で使用したほうがよいとされています。他にも、ジャスミンやローズ、クラリセージなどがあります。クラリセージは、月経周期の乱れや閉経後に起こるさまざまな不快症状の緩和にも役立つとされています。ただし、流産の可能性を高めるとも言われているため、妊娠中には使用を控えるようにします。

 

アロマオイルは、普段持ち歩くハンカチや風呂上がりに使うバスタオルの隅に1滴から2滴のアロマオイルを垂らすだけでも香りを楽しむことができます。アロマディフューザーなどで拡散すると芳香浴を簡単に楽しむことがでできます。アロマオイルをお風呂に入れることに抵抗がある場合には、フットバスが適しています。大き目の洗面器にお湯を張り、アロマを数滴いれるだけです。足だけではなく手を入れても楽しむことができます。この時、湯気を顔に当ててホットパック風に楽しむ方法もあります。