胸が小さいのは女性ホルモンが少ないから?

胸が小さい理由として挙げられること

胸が大きい人もいますが、小さいことがコンプレックスになっている女性もいます。このような女性はとても多いです。どうして、こんなに貧相な胸なのだろうと思ったことはありませんか。

 

個人差がありますが、なぜ胸が小さいのか、いくつかの理由が考えられます。その中の一つが、女性ホルモンが少ないことです。女性ホルモンの分泌が多い方が大きくなります。

 

まだ、他にも原因は考えられます。脂肪が少ない可能性も高いです。胸は脂肪でできていますから、脂肪があまりない人は、あまり大きくはなれません。とても痩せており、バストアップしたいのに、なかなかできないのならば、まずは脂肪を増やした方が良いかもしれません。

 

乳腺が未発達の人もそうです。

 

乳腺は、遺伝も影響しますので、自分の親や祖母の影響も受けてしまいます。

 

また、ストレスや過度なダイエットの影響も考えられます。ストレスは、体に良いことがないと言われています。ストレスによって体調が乱れてしまうこともあるからでしょう。このようなことが主な原因として考えられています。何か思い当たる節がありませんか。これらのどれか一つでも当てはまるようならば、その原因を取り除くと良いかもしれません。

女性ホルモンとは

一口に女性ホルモンと言っても、実は2種類あります。

 

エストロゲンとプロゲステロンです。エストロゲンは、生理から排卵日まで多く分泌されます。女性らしさの影響が高いので、髪の毛がツヤツヤになったり女性らしいボディラインを作り上げるなどの効果があります。

 

排卵日を過ぎると、今度はもう一つのプロゲステロンが増えていきます。

 

プロゲステロンは経血を体外へ排出する役割があります。しかし、あまりにもプロゲステロンの分泌が多くなってしまうと、経血を体外へ出す働きが強過ぎるために、腹痛や頭痛などが起き、体調が乱れてしまいます。プロゲステロンには、この他にも子宮内膜を厚くしたり、体温を上げる働きもあります。

 

生理と大きく関係していますが、女性らしい体にする効果もあるため、女性ホルモンが少ない人は、やはり胸が小さくなる傾向が高いです。

 

だから、バストアップサプリには特にボディラインを女性らしくしてくれるエストロゲンと似た働きのイソフラボンがたっぷり含まれています。

 

プエラリアには、特にイソフラボンがたっぷり含まれているので、エストロゲンの分泌が多くなる時期に飲むと、足りない分の女性ホルモンを補ってくれるので、バストアップ効果が期待できます。

胸を大きくしたいなら

やはり、女性ホルモンを多く分泌することが胸を大きくするポイントです。バストアップマッサージをするのも良いでしょう。冷え性の人は、血流が悪くなっているので、全身に栄養が行き届かなくなり、女性ホルモンの分泌が悪い可能性があります。胸の周辺をマッサージするだけでも効果が期待できます。

 

できれば、バストアップクリームを塗って行いましょう。そうすると、よりバストアップ効果が高くなります。

 

規則正しい生活は、大事です。朝は早起きして、夜はなるべく早く寝た方が良いでしょう。

 

睡眠時間が短い人は特に気をつけてください。寝ている間に、成長ホルモンが分泌されます。全身に影響するホルモンですから、きちんと分泌されないと胸にも影響が出ます。

 

食事内容も気をつけましょう。

 

やはり、大豆製品は毎日のように摂取した方が良いです。

 

また、血流改善には、アーモンドなどビタミンbが豊富な食品を食べてください。

 

栄養が偏るといけないので、これらを意識しつつも、バランスよく食べましょう。いろいろな方法がありますが、基本的には、規則正しい健康的な生活を送ることがバストアップにつながります。常に姿勢を正しておけば、より胸を大きくする効果が高まります。

 

バストアップサプリメントで人気なのは?初心者から選ばれるサプリはこれ